スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きみ

きみはいつも、ぼくのために働いてくれる

24時間365日、ぼくのことを考え、
ぼくのために力を尽してくれる。
きみなしでは何も進まない

でもそんなきみに、ぼくは文句ばかりだ。

仕事が遅い、だの
失敗ばかり、だの
能力がない、だの
しまいには、お前なんか死んでしまえ、と言ったこともある

でもきみは変わらず尽してくれる。
出来の悪さに気まずく感じるのか、目を伏せながら。

ぼくはきみに謝らないといけない

きみを無力だと決めつけたこと
よく考えもせず、失敗するたびに、きみの所為にしてきたこと、
成果を認めてこなかったこと、
きみの素晴らしさを見ようとしてこなかったこと。

きみの名は、「ぼく自身」。
ぼくが認めることで、きみは輝き始める
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takeshi

Author:takeshi
メンタル・コーチ、セミナー講師

鹿児島市内在住。

これまでの訪問者
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。