スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真我からのメッセージ 2014_6_24

Q.  毎日呼吸法や瞑想をやっていて、それ自体はとてもいい時間なのに、時間に追われ、焦りを感じてしまうことがある。
もっとゆとりと喜びをを持って、そういうことをやっていくにはどうしたら良いですか?

A. 何のためにそれ(呼吸法や瞑想)をやるのですか?
それを行うことでどうなるのですか?
どう役立つのですか?
ただ、漠然と無意識・無自覚に行うのでなく、それを行う意味(動機)を見ていったら良いですね。

その意図とともに行うこと。
意図する結果を意識して行うこと。
意図する方向性を意識すること。
あなたが行っていることは、本当にやりたいことなのか、それをいつも問い直すことです。

高速道路を運転する時、たとえ真っ直ぐな道であっても、ハンドルをわずかづつでも動かして、ずれを直しますね。
そういう作業が必要です。
あなたの行動が、想いとずれていないかをチェックする時間を持つことが必要です。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takeshi

Author:takeshi
メンタル・コーチ、セミナー講師

鹿児島市内在住。

これまでの訪問者
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。