FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壁打ち

最近、わもんの黒帯の中で、
「壁打ち」なるものを練習しています。

壁打ちでは、人と人との間を橋渡しします。
たとえば、最近ギクシャクしているとか、気持ちが通じ合っていないという間柄でも、
壁打ちしてもらうことで、
相手の存在に感謝できるようになったり、絆を喜べるようになったりします。

たとえば、Aさん、Bさんがお互いに友人だとすると、
その二人が直接話し合うのでなく、
壁役になるCさんを通して、話をします。

AさんはBさんに伝えたいことをCさんに伝え、
CさんはAさんの言葉ではなく、底にある深い思いを汲み取って、Bさんに伝えます。
そして今度はBさんが、Aさんへの思いをCさんに伝え、
Cさんは、Bさんのさらに深い思いをAさんに伝えます。
それを繰り返します。

Cさん(壁)のやることは、それぞれのより深い思いを伝えることです。
二人(AさんとBさん)の思いがすれ違っているのは、深い思いが伝わっていないからです。
お互いが気づいていない、それぞれの深い思いを届けるのです。

それが出来ると、二人の表情が変わり、繋がりを感じ始めます。
お互いが大切な存在だと、感じられるようになります。

でもそうなるためには、二人のより深い思いにまで、Cさん(壁)が潜っていく必要があります。

やっていることは「ガチ聞き」と同じです。
ガチ聞きでも、相手の言葉ではなく、もっと深いところにある思いを聞きます。

でもガチ聞きでは、ある程度の深さで成立していたことも、
壁打ちでは成立しません。
とくに、すれ違いが大きいほど、
軋轢があるほど、
より深い思いが伝わらないと、相手の気持ちには届きません。

やること自体の基本は変わらなくても、
自分が立つ状況によって、
そのレベルでは通用しなくなる。

なかなかに奥深く、でもやりがいを感じる世界です。


そんな「わもん」の導入セミナーが、明日、鹿児島で行われます。

わもん入門塾では、わもんの在り方、考え方を深めます。

白帯心徒塾では、わもんについて学びながら、聞き方について実践し、ガチ聞きも体験してもらいます。

両方を受けることも、どちらか一方だけを受けることも出来ます。
(来年1月からは、入門塾を受けてからでないと、白帯心徒塾に進めなくなります)

詳細は、「わもん入門塾」「白帯心徒塾」のそれぞれをクリックして、ご確認下さい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takeshi

Author:takeshi
メンタル・コーチ、セミナー講師

鹿児島市内在住。

これまでの訪問者
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。